スマホ老眼を対策するためのスマホ設定

スマホ老眼を対策するためのスマホ設定

スマホ老眼を対策するためのスマホ設定今現在、20代や30代の若い人のスマホ老眼が急増しています。スマホは今はもう手放せないものになっていますが、工夫次第で、老眼の症状を防ぎ、目の不快な症状予防になります。

 

そのためには、いろいろな対策手段がありますが、スマホ自体の設定を変えるのもポイントです。まずひとつは「画面の明るさ」です。明るさを調節するだけでも、目にかかる負担に違いがあります。使う場所の明るさに応じて、適切な明るさに調整してください。オートモードで切り替わるタイプもあります。

 

次に「文字サイズ」です。文字が見えづらいと、目がピントを合わせようと働くため、余計な負担をかけてしまいます。少し画面から目を離しても見えるくらいの文字サイズに変更しましょう。このように、スマホの設定を変えるだけでも違いが出ます。

 

画面が見えやすくなることにより、目への負担を軽減できるため、さまざまな症状対策になります。ただ、設定を変えても長時間使っていると、目に大きな負担をかけてしまうので、30分に1回は休憩を入れたり、ストレッチをするなどして、スマホ老眼対策を行いましょう。

▲TOP